バイロンベイは、本当に良い所です!

Fukiko Sato

オーストラリアにはワーキングホリデーで渡航しました。
最初の6ヶ月は
バイロンベイで英語学校に通いました。その後タスマニアに移り、ファームで1年間働きました。
ファームが終わり、他の都市に行こうかとも思いましたがやっぱりバイロンベイが恋しく帰って来ました。
ワーホリビザでは2年間滞在し、1年前に学生ビザに切り替え今でもバイロンベイ在住中です!

1. オーストラリアに来たきっかけを教えてください。

きっかけは、恥ずかしながら、仕事を辞める口実が欲しかったからです。

もともと小さい頃から海外に一度は住みたいと思っていて、それを実行するタイミングだとこじつけました。笑

 

2. アコモデーションはどのように探しましたか?

Gumtree というオーストラリアの求人サイトやfacebook のマーケットプレイスの求人セクションで探しました。

町の掲示板に「家を探してます」とメモを書いて張ったりして探したこともあります。

 

3. 仕事は何をしていますか?

メインの仕事はカフェでバリスタをしています。

それから、週に一回、ローカルの小学生の日本語の家庭教師のバイトもしています。

 

4. 仕事はどのように探しましたか?

レジュメを直接お店に持っていったこともありますし、知り合いの紹介で働かせてもらえることになったこともあります。

今のカフェの仕事はたまたまオーナーに知り合う機会があり、そのまま色々な話を通じて「うちで働かない?」と声をかけてもらい、働き始めました。

日本語の家庭教師のバイトも友達の伝で紹介してもらいました。

 

5. ファームでの経験を教えてください。

ファームは多国籍な環境だったので、働きながら英語を学ぶのにベストだったと思います。
スーパーバイザー(現場監督的な人)はオーストラリア人が多目でしたが、一緒に働く人達はパシフィックアイランダの国々の人や、ヨーロッパ、アジアと多国籍でした!

私はいろんないろんなファームを点々としました。

いちごから始まり、Swede (カブみたいな野菜)、カリフラワー、芽キャベツ、ビートルート、ネギ、あとは苗植えとかとか。。

雨が降ったら泥だらけなりながら仕事してました。でも、大雨だと仕事休みとか中止になります笑 結構体力仕事でした!でもみんなでふざけ合いながらの仕事なんで、楽しく働けて良い思い出ばかりです。

6. オーストラリアに来て一番良かった点を教えてください

「いろんな事を経験している‼」ということです。

たくさんの人に出会えることはもちろん、自然に触れること、起きる事全てに色んな出会いや学びがあって、楽しいです!

 

7. オーストラリアに来る前の自分と比べて変わった点はなんですか?

毎日生き生きしてると思います!笑
いろいろなことが良くも悪くも起こるので、確実にサバイバル力は備わりました。
それから、自分の時間をもっと自分の為に使えてることです。
サーフィンしたり、マーケットに買い物に行ったり、特に何もしないでぼーっとしたり。
特に特別な事はしていないけれど、オフの日に、自分の好きな事を自分のペースで楽しめるこの生活リズムが、すごく心地良いです。

8. バイロンベイの好きなところ、魅力を教えてください

バイロンは本当に良いところです!
自然豊かで、海がとってもきれいで、ウミガメやイルカと一緒にサーフィンできたりもします。

街中におしゃれな人がいっぱいいて、歩いているだけで雑誌を読んでるみたいです!

バイロンの魅力の一つとして言えるのは、この土地は本当に不思議なパワーを持っているということ。

本当にたくさんの魅力的な人が集まる所で、自分が何か必要な時に、その必要なものを知っていたり、持っている人と必ず出会えてしまう、そんな場所だと私は感じています。

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments