2022年 07月 2日

スタッフにインタビュー第3弾!Anri’s ストーリー

こんにちは!YouTOOProjectリスナーの寺本杏梨と申します😊 

今、オーストラリアに住んで5年目になります。この5年間を振り返ると、短かったような長かったような。。。楽しいこともあれば大変なこともたくさんありました。わたしがなぜ留学を決意したのか、留学することでどんなことを経験したのかなどお話ししていきますね!少しでも参考になれば幸いです♡

  • 自己紹介

私は、日本で高校を卒業後、大学には行かずに18歳から25歳まで日本で化粧品販売員として働いていました。美容に関することが大好きだったので、この7年間は仕事に没頭していたのを覚えています。でも、高校生の時から留学することが夢だったわたしは、その夢をどうしても諦められず、長く務めた会社を思い切って退職し、25歳の時にアメリカのハワイへ短期留学に行きました。

ハワイ留学が、わたしにとって初めての海外留学だったので、すべてが未知の世界でした。語学学校では、わたしと同じように、日本で長年社会人を経験してから留学に来ている人も多かったので、すぐに友だちができて、英語でコミュニケーションをとる楽しさと難しさ、学校以外でも目に入るものすべてが新しく、程よい緊張感とワクワクした気持ちで、日本では味わったことのないめちゃくちゃ楽しい毎日を送ることができました。

帰国後、ハワイ留学に行く前から、オーストラリアにワーホリで留学することを決めていたので、ハワイから帰国後は、オーストラリア留学資金を貯めるために日本で働き、最低限の資金を持ってオーストラリアへ飛び立ちました。最初は、友だちも知り合いもゼロで、頼る人がいないという心細さ。友だち出来るかな?ちゃんと仕事ゲットできるかな?という不安もありましたが、それ以上に、海外で自分がどれだけ頑張れるのか試してみたい!という冒険心の方が大きかったです。最初は、友だちを作るために、語学学校に行きました。そこで出会った友だちとは、今でも連絡を取り合っています♪いろんな国の友だちができると、その国を知ることもできるし、外国人から見て日本がどんな国なのかを学ぶこともできるので、かなり海外に対する視野が広がったと思います。

ワーホリでは、なるべく日本人の友だちは作らずに、英語環境で生活することを心がけていました。仕事では、日本人がいないレストランやホテルで働いていました。

その後、ワーホリ1年では全然足りない!と思ったわたしは、学生ビザで滞在を延長することを決意し、再度、英語力をさらに伸ばすために語学学校でケンブリッジコースを受講→アカウンティング(会計学)の専門学校を修了し、学校で学んだことを活かすためにローカルのオフィスの会計チームで働いていました。今年、長年住んだシドニーから心機一転、ブリスベンへ引っ越し、今も、また違う分野で勉強に励んでいます。

  • 留学して(海外に出て)良かったことを教えて!

とにかく、考え方や視野が広がるということ。英語を学ぶだけではなくて、日本以外の様々な文化を実際にその国の人から見て学べる、いろんな人の考え方を知れるというのは、自分にとってかなりプラスになったと思います。あと、オーストラリアで生活して思うのは、みんな人の目を一切気にしていないということ。どんな服を着ていようが、髪型だろうが、タトゥーがたくさん入っていようが、その人の個性を尊重する文化なので、日本にいた時は人の目を気にして服を選んだり、メイクしたりしていましたが、オーストラリアでは自分の好きな恰好で、メイクせずにお出かけすることだってあります♪いい意味で、だれもそこまで自分のこと見てないし、人の目なんて気にせずに、もっと自由に生きていいんだなって思えるようになりました。

  • 英語が話せるようになったきっかけは?

わたしは、日本にいる時からとにかく英語が大好きだったので、海外のドラマシリーズや映画を見たり、日常的に英語に触れる機会が多かったかもしれません。あと、マンツーマンレッスンも週1回受けたり、定期的にTOEICを受けて、自分の英語学習のモチベーションに繋げていました。でも、日本で英語を独学で勉強するには限界があるので、実際に英語力の伸びを一番感じれたのは、オーストラリアでケンブリッジコースを受講した時です。ネイティブが話す、微妙なニュアンスとか、単語の組み合わせとか、独学では学べないことをたくさん教えてくれるので、先の留学生活にかなり役立っています。英語力委がある程度伸びてきたときに、英語で話している夢を見て、めちゃくちゃよろこんでいたのを覚えています(笑)

  • また留学できるならどの都市にする?
  1. サンシャインコースト(オーストラリア)
  2. ヌーサ(オーストラリア)
  3. バイロンベイ(オーストラリア)
  4. モントリオール(カナダ)
  5. オークランド(ニュージーランド)

  • YouTOOProjectはどんな留学エージェントですか?

YouTOOProjectは、留学に行きたいけれど、なにから始めればよいのかわからない、そんなプレ留学生を全力でサポートしている留学エージェントです。メールだけでなく、LINEを通してのやり取り、Zoomで個別相談を行い、1人1人きちんと直接お話しした上で、なにを勉強したいのか、どんなことを経験したいのか、ご予算をいくらくらいなのかなど、細かくご希望をお伺いし、オーダーメイドのプランを立てていきます。学校への入学手続き、ビザ申請など、留学に必要な事前準備をサポート、そして、渡航してから現地滞在中には、経験豊富な現地スタッフであるバディーが留学生活をする上で必要なサポート(銀行開設、SIMカードの初期設定、生活上の相談)を提供します。

また、YouTOOProjectはインターナショナルな留学エージェントなので、同じ境遇で留学に来ている多国籍な留学生と交流することのできる、ワークショップ、イベントを定期的に開催しています。そのイベントでたくさんの友だちを作り、仕事やシェアハウスの情報をゲットすることで、留学生活がより充実したものになります!海外生活において人とのネットワークはかなり重要です♪

YouTOOProjectのスタッフメンバーは、自らの留学経験から楽しいことも大変な苦労もたくさん乗り越えてきたベテランの長期留学経験者!そんなわたしたちが、これから日本を飛び出して留学をするみなさんが、最高の留学生活を送れるように愛を持って全力でサポートします!

  • ブリスベンで大好きなお店&お気に入りスポットの紹介!

Brooklyn Depot(レストラン)
アメリカンスタイルのハンバーガーが楽しめるレストラン。店内も、とってもおしゃれでアメリカンな雰囲気です。インスタ映え間違いなし!

Gelare(レストラン)
ワッフル、パンケーキなども楽しめるアイスクリームショップ。毎週火曜日は、すべてのメニューを半額で楽しめちゃいます♡

Elizabeth Arcade(商店街)
日本食、タイ、ベトナム、中華、韓国料理などのアジア系のレストランが立ち並ぶ商店街。お手頃価格で、ランチやディナーを楽しめるので学生におすすめ!

Haward Smith Wharves(レストラン、バー、クラブなど)
レストランやバー、クラブが集まったオーストラリアのナイトライフを存分に楽しめる場所。夜になると、たくさんの人で賑わい、ドリンクやスナックを片手にダンスを楽しめます♡

Sono(レストラン)
少し高級な日本食レストラン。日本人シェフによる本格的な日本食を楽しめます。たまには自分へのご褒美としていかがでしょうか?

Kangaroo point(ウォーキングコース)
川沿いをウォーキングできる場所。早朝からたくさんの人がエクササイズしています。ウォーキングトラックがあるのでとても歩きやすいです!


お問い合わせ
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments