オーストラリアは世界で6番目に大きい国です。ということは、大きい分、旅行や冒険に行ける場所が沢山あるということ!

オーストラリアの各都市や街には、それぞれ特別な魅力と特徴があります。もちろん時には難しいチャレンジもあるとは思いますが、オーストラリアで自分にとってベストな都市を選択して生活や仕事をすることは、とてもワクワクしますね!

よくテレビで見るシドニーの街と、シドニーオペラハウスがある有名な港の景色を今、あなたの頭の中で思い浮かべていますか?もしそうなら・・・ぜひこのブログを読んでみてください!シドニーだけでなく、オーストラリアの他の都市の特徴も知って、第二の故郷になる都市を見つけるきっかけになるでしょう!

オーストラリアの地図

 

あなたにぴったりのオーストラリアの都市を見つけましょう!

オーストラリアの各都市の特徴を知って、あなたにとって理想的な場所を見つけることは、人生の中でも忘れることのできない素晴らしい体験をすることにつながります!好みや趣味、目標、優先したいこと・・・何を選択して滞在する都市を選びますか?

では、これからオーストラリアの各都市を旅しましょう!最初は、オーストラリアのアートの中心地、メルボルンを訪れます。その後、100ヶ所ものビーチがある街でオーストラリアで最も知名度の高いシドニーを訪問、ゴールドコーストの有名なサーフビーチに着くまでは、ヒッピータウン バイロンベイを東海岸に沿って移動し、一年を通じて温暖な都市ブリスベンと、パラダイスと言っても過言ではないヌーサまで北上します。

もちろん、西側のパース、北側のダーウィン、南にあるタスマニア島、アデレードなど、少し離れた場所もご紹介していきますね!

  • メルボルン

    都市を見る

  • ブリスベン

    都市を見る

  • バイロンベイ

    都市を見る

  • シドニー

    都市を見る

  • サンシャインコースト

    都市を見る

  • ゴールドコースト

    都市を見る

オーストラリアについて知っておきたいこと!

  • オーストラリア=6つの州+2つの地域

     オーストラリアは6つの州と2つの地域で構成されています。州は①ニューサウスウェールズ州(NSW) ②クイーンズランド州(QLD) ③南オーストラリア州(SA) ④タスマニア州(TAS) ⑤ビクトリア州(VIC) ⑥西オーストラリア州(WA)の合計6つです。地域は、①ノーザンテリトリー(NT) ②オーストラリア首都特別地域(ACT)の合計2つに分かれています。さらに!クリスマス島、ココス諸島、ノーフォーク島、ハート島やマクドナルド諸島、グレートバリアリーフに浮かぶ島々もオーストラリアの一部です。さらに!南極の一部もオーストラリアの領土なんですって!

  • オーストラリアの首都はシドニー・・・ではなく、キャンベラ!

    この瞬間まで、シドニーが首都だと思っていたそこのあなた。オーストラリアの歴史や首都に関する本を行く前に読んでみて!

  • オーストラリアの通貨=オーストラリアドル、AUD

     オーストラリアで使用する通貨は、全ての州で使われているオーストラリアドルとセントです。

  • オーストラリアは国内でも時差がある!?


    日本国内は時差はなく、北海道も沖縄も同じ時間ですよね!一方、オーストラリアはとっても大きい国なので、3つの標準時があり、国内でも時差があります。

    • オーストラリア東部標準時(UTC +10)
    • ニューサウスウェールズ州(NSW)、クイーンズランド州(QLD)、ビクトリア州(VIC)、オーストラリア首都特別地域(ACT)、タスマニア州(TAS)
    • オーストラリア中央標準時(UTC +9.5)
    • 南オーストラリア州(SA)、ノーザンテリトリー(NT)をカバーしています
    • オーストラリア西部標準時(UTC +8)
    • オーストラリア最大の州である西オーストラリア州(WA)

    さらに!追加して、オーストラリア首都特別地域(ACT)、南オーストラリア州(SA)、ニューサウスウェールズ州(NSW)、タスマニア州(TAS)、ビクトリア州(VIC)はサマータイムがあり、10月から4月が1時間時計が進みます!

  • 人よりカンガルーが多い国、オーストラリア

    オーストラリアには約5,000万匹ものカンガルーが住んでいます。オーストラリアの人口は約2,600万人ほど。ということは、人間の2倍の数のカンガルーがいるということですね!では、食糧に・・・!いやいや、心が痛みます。ハイキングに行って、自然の中で自由に飛び回るカンガルーを見る方がいいですね・・・!

  • 1つの国にさまざまな気候

    「オーストラリアはいつも暑く、雨が降らない国」というイメージがありますか?実は違います!オーストラリアでは、時にとっても暑く、時に凍えるほど寒く、雨が降ったり雪も降ったりします。800万平方キロメートルの大きい国だからで、驚くことに、ヨーロッパに重ねてみると、ヨーロッパ全土とほぼ同じ大きさなんです!
    南半球にあるオーストラリアは、北半球にある日本と季節が反対です。12月から2月は夏、3月から5月は秋、6月から8月は冬、9月から11月は春です。
    あとは、場所によって気候も変わります。北にあるクイーンズランド州は一年中暖かい気候ですが、南にあるタスマニア州やビクトリア州の冬はとても寒いです。雨といえば、オーストラリアは地球上で最も乾燥した大陸の1つであり、年間平均降水量は600mm未満です。しかし、一度雨が降ると一気に降り、特に春や夏の嵐はとても激しいです。では、ここでアドバイスを・・・レインコートを準備してください!傘は意味がありません。きっと壊れます。

  • オーストラリアの25%は他の国で生まれた人

    この数字を見ると、移民が多いことが分かります。オーストラリア人の多くが他文化に興味があったり、旅行好き。そのおかげで、外国人とのコミュニケーションに慣れていて、私たちを助けてくれます。英語を勉強するのにとてもピッタリな国です!

  • オーストラリアは世界で最も幸せな国の1つ

    毎年、国連開発計画(UNDP)の世界幸福指数の報告書は、オーストラリアを最も幸せな国の1つにランク付けしています。これが、みんなオーストラリアに移り住みたいと思う理由の1つです。それだけでなく、メルボルンは7年連続(2010年から2017年まで)、住みやすい都市としてランク付けされています。

  • 人口密度の低い国

    オーストラリアは、2,500万人の住民に対して、7,741、220平方キロメートルの領土があるため、1平方キロメートルあたりたった3人しかいません。日本と比べてみますか?なんと・・・333人!

  • オーストラリアは元々アボリジニの場所

    オーストラリアの歴史は約250年前に始まったので、かなり「新しい」国%

S.O.S.
Do you have any questions?
Contact us!