2022年 08月 13日

スタッフにインタビュー第4弾!Kazu’s ストーリー

留学中はゴールドコーストにある語学学校Inforumに通いケンブリッジ検定に合格!その後は、インターンシップでStudent Service(留学生のサポート業務)として学校勤務の経験を積んだ、新しいYouTOOProjectのリスナーKazuにインタビュー!

こんにちは~!はじめまして

YouTOOProjectKazuです。

今は、日本/東京ベースで働いていますが、オーストラリアのゴールドコーストに3年ほど住んでいました!
私の経験が少しでも皆様の参考になればうれしいです

 

【自己紹介】

高校生の時くらいから、将来したい事が2つ「海外留学」と「ホテルマンになる事」でした。

晴れて新卒で、5つ星ホテルへ就職し、6年近く勤めました。今も昔も変わらずホテルそのものの空間が大好きです

留学は、中学の時から英語が好きだったので「いつか」行きたいと思っていました。ただ、いつか行きたいな~くらいだったので、社会人以降自分で勉強するほどの熱意は全くありませんでした💦

でも、社会人5年目の時、友達が仕事で海外に行く事になり「英語が話せるようになりたい」「留学したい」という想いに一気に火が付きました。いつかなんて、今しかない!と思って留学を決めましたが、沢山の葛藤がありましたね。キャリア。恋愛。そして、周りからかけられる言葉に悩み・・・

それでも、今言える事は、社会人を辞めて、留学を選んだことは、人生で一番正しい選択をしたという事です。英語が話せるようになるという目的を達成したこと以上に人として成長し、いろんな事を学びました。それは、帰国した今でも活かさせています。

日本に帰国した理由は、オーストラリアで培った経験と英語力を日本で活かしたかったから。「英語を話せるようになる」という目的も達成し、人としても成長したので、帰国を選んだことに悔いはありません!日本もオーストラリアもどっちも大好き!留学するまでは、地元しか知らなかった私ですが、いざ帰ってみると、地元は好き、でもなんか違う・・・という事で、よし。違う場所で挑戦してみるか!といくつか都市を旅行し、東京に住む事にしました。たまにオーストラリアの空が恋しくなりますが、今の東京での刺激ある生活も好きです。東京なので、海外で有名な5つ星ホテルが沢山あるのが、いいですね!そして、海外旅行にも行きやすい!()

【留学して(海外に出て)良かった事、変わった事】

① サバイバル力が身に付く!

知らない土地で生きて行く力ですよね。留学最初の数日は、ホームステイ先に帰る間Wi-Fiがなくて、事前にGoogleマップ開き、自分の現在地を見て、外を眺めながら、自分が下りるバス停が近づいたらベルを押す。買い物も、すべて英語だから、最初は、洗剤1つ買うのも一苦労。(漂白剤を買うつもりが、カーペット用の洗剤買ったりね?笑 後々だからこんなに高かったのか~と納得!)口座開設の説明も何言われているか9割以上理解不明。でも、少し自信がついた事はだけは、すごく覚えています。全く英語が分からない私が自分で口座開設できた事が嬉しかったです。

とにかく、日本だったら、1分で終わる事もその何十倍も時間がかかりました。

勿論、言語面の事だけじゃなく、貧乏学生だったから、外食で御飯が余れば、絶対持ち帰りにして、次の日のランチへ。ホームスティで、夜ご飯いらない時は、事前に夜ご飯は食べないけど、翌日のランチに持っていくから取っておいてと。自炊を始めてもとにかく節約飯。洋服を買うお金はないけど、オシャレしたいから、友達に服借りたり、交換したり()

そんな生活が大変ながらも、楽しかったし、毎日がサバイバルみたいで、日本では絶対に味わえない感覚でした。

② 自己肯定感!

人からこう見られたい!みたいなのって、誰しもが少なからずあると思います。私は特にそれが強かった。人からはとにかく強くて、かっこよく見られたい。だから、できる限りそういう風に振舞っていました。でも、ホントは人一倍周りの目を気にして、内面も外見も自分に自信がない。コンプレックスしかなかった。

今も正直、強くてかっこよく見られたいことに変わりはありません。でも、何が大きく変わったかって、とにかく「SELF LOVE FIRST完璧じゃなくてもいい。今のありのまま自分を受け入れる。なによりも、こんなことを人に話せるようになったなんて、昔の私じゃ考えられません()

オーストラリアでは、みんなが褒めてくれる。もちろん、知らない人も「その服に似合ってる!」とか「新しいネイルいいね!」とか男女関係なくむしろ褒める事が普通。その中で生活をしていくと、自然に自分自身が自分を受け入れられるようになったんだと思います。

③ 自分のルーツや国・文化を誇りに思える!

たまに、日本は~・・・とちょっと悲観的な話を聞きます。確かにわかる。でも、日本がどれだけ、素晴らしい国かなんて日本にいるときは、考えてもいなかったし、知るきっかけもなかった。安全・安心・便利というのは、もちろんだけど、例えば、空気を読むってことは、海外では一切不要。むしろ、自己主張しないとダメ。でも、それってちょっと違う方向から見ると、気が利く・心遣いができるという事にもなりませんか? でも、そういった空気を読む/心遣いができるのは、日本人の素晴らしいところです。このように物事を違った目線で捉える事ができるようになったのは、オーストラリアという多国籍な文化な国に、身に置く事で自然と身に付きました。仕事をするうえでも、日本人はまじめで一生懸命!と言われます。こちらからすると普通に働いているだけですが、そういうのも含めて日本人としての誇りを持てるようになりました。

【忘れられないエピソード】

今では大した話じゃないですが、当時は、ショックすぎて、一生忘れない思い出 ()

オーストラリア到着してまだ1週間目くらいの時ホームステイ先で「お腹空いている?」って聞かれたとき、頭の中に「そんなにお腹空いてない」と出てきました。でも、それが英語で言えなくて、日本語を英語に訳そうとして「そんなに」ってなんていうの?と・・・フリーズ・・・。だって、I’m not hungryも私が言いたいニュアンスとなんか違う。えっ。これってなんて言うのー!ていうか、そんな事も言えないんだ・・とショックでした()

でも、勉強が大っ嫌いな私が勉強を続けられたのも、こういった悔しい経験や想いをする事が原動力となり、ほんとに心が折れそうな時は、いつもInforumのスタッフが支えてくれたからだと思います!

【又、留学できるなら、どの都市にしますか】

バイロンにヨガ留学!

そして、ワイナリー巡りをもっとしたい!

 

INFORUMとはどんな語学学校?】 

一言でいうと「FAMILY」わかりやすく言うとアットホーム

たまに校内で、可愛いワンちゃんも見かけます!(リジとウィンストン)

ランチは、いつもガーデンのある外でクラスメイトと食べて、お腹が空いたら、休憩中にチョコを買いに、受付へ。買う時も「はい。」とかじゃなく、英語の文章で。何も言わなかったら、こうやって言うから、リピートしてねと。留学当初の英語レベルが初級の私には、とてもいい練習でした。「ツナ」の言い方も英語では「ツナ」と言わない事をそこで教えてもらいました()

そして、驚いたのが、担任の先生だけでなく、校長先生のSimonと副校長先生のJunもほとんどの生徒の名前を知っていて、話しかけてくれます。

海外に住むとなると、自分で挑戦して切り開いて行く事が必要です(それが留学の醍醐味!)と言っても、やっぱり勇気がでなかったり、落ち込んだりする事が絶対あります。でも、そんな時は、Inforumのスタッフや先生がいつも背中を押しくれました。

エレメンタリー(初級)から始まった私のオーストラリア生活ですが、Inforumのスタッフや先生の励ましがあったおかげで、最後はケンブリッジの検定をパスする事ができました

学校の場所は、図書館とアジアンショップなどが入っているショッピングモールが徒歩5分圏内にあり、学校→図書館→夜ご飯の買い出しというのが私の平日の基本ルーティーンで、週末は、全力で遊び、遊びも勉強のうちと考えていました。 誘惑に負けやすい私ですが、英語の勉強に専念しやすい環境で、日本食が手に入るアジアンショップなどが近くにあるのがとても良かったです🗾🍜

【ゴールドコーストで学生さんにおすすめスポット】

車が無くても、大丈夫全て公共機関で行けて、お手頃なお店とレストランです!

Absolute Thai Homemade

Inforumの近くにあるタイ料理屋さん。私にとってタイ料理と言えばここ()

私はいつもランチで、パッタイのパクチー抜きエキストラナッツでオーダーしてました

Tandoor & Curry Hut Indian Restaurant

インドカレー屋さん。おすすめは、ベジタリアンメニューのPaneer Makhani (Mild)  

5B2F BakeHouse

パンやチキンパイも美味しいけど、オーストラリアで食べたケーキはここのが一番好き!

POINT TEN

ドーナツとコーヒーとの相性抜群!ドーナツって日本でも食べなかったのに、今でもここのドーナツが一番好き。ただ、絶対小さいサイズで十分だから小さい方買ってね()  

Ashmore Outlets

Roxyやビラボンの水着/洋服を買うならここ!ここは、学生の見方!GCにいるなら、水着は何着あっても良い!()

Burleigh Headエリア散策

可愛いお店やレストランがありますが、友達とピクニックするも良し!Burleigh Head National Parkに行くも良し。お気に入りレストランやショップがきっと見つかるはず。後は、The Village Markets で、たまにあるRack Saleで掘り出し物を探すのが好き。

【好きな言葉】

Wherever you go, go with all your heart!

さて、どういう意味でしょう~!是非調べてみてね♡

お問い合わせ
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments