帰国後、世界最高峰レベルの外資系ホテルに就職!

バンクーバーとケロウナにキャンパスを持つカナダで大人気の

バンウエストカレッジ(バンクーバー校)

国際ビジネスコミュニケーションディプロマコースを受講をした

Asunaさん(社会人)の体験談です

なぜ国際ビジネスコミュニケーションディプロマを受講しようと思いましたか?

最初は、有給インターンシップを含んだグローバルカスタマーサービスコープサーティフィケートのプログラムと悩んだのですが、ビジネスコミュニケーションディプロマを選んだ決め手は2つです。最大の理由は、帰国後、英語を主要言語とする職場で働きたいと考えていたので、ビジネスに特化した英語力を身につけたかったからです。そして2つ目は、もともと自分で仕事を見つけて働いていたため、有給インターンシップを利用する必要がないと感じたからです。

 

Collegeのクラスは、ESLのクラスと比べてどのような点が違いましたか?

最も大きな違いは、英語を勉強するのか、英語で何かを学ぶのかということだと思います。ESLのクラスは、英語でプレゼンテーションをしたり、文法の理解や、長文読解をしたりといった、英語に慣れることがメインのように感じました。一方でCollegeのクラスは、それらを基盤とし、授業が進んでいきます。そして、カナダで働いたり、または永住しようと考えていたりする生徒もたくさんいるため、そのような生徒とディスカッションをしていく必要があります。そのためより高度な英語力がもとめられ、文法や表現が分からないから調べるということを、毎回していると授業についていけなくなるので、ESLでしっかり基盤づくりをすることをお勧めします。特に、授業ではテキストを読む量が多く、また宿題の量も膨大なので、読解力をつける必要があります。

座学期間中で学んだ事を教えて下さい。

ビジネスコミュニケーションディプロマでのBusiness Communicationの授業がとても役に立ちました。私のときは生徒数も5人と少人数制だったこともあり、先生のきめ細かい指導を受けることができました。この授業のおかげでスピーキング力をはじめ、普段学ぶことができないであろう細かな英語のニュアンスの違いも学ぶことができました。特に毎週1回行われるビジネスに基づいたニュースを自身で選び、それを発表し、クラスでディスカッションをする授業により、様々な国の時事に触れることで勉強になりました。またプレゼンテーションをする際は、終了するとその場で先生からフィードバックを受けることができ、発音や文法のミスなど細かい部分もチェックしてもらえるため、英語力をしっかり上げることができました。先生はどんな質問にも丁寧に答えてくれるので、先生を信頼して勉強することが英語力向上への一番の近道です。

 

留学前と後で、どのぐらい英語力は伸びたと思いますか?

特にスピーキングとリスニング力はとても力がつきましたが、結果として形になったときにそのことを実感しました。帰国後、就職活動で英語を母国語とする面接官と英語面接をした際、その英語力を使ってぜひ活躍してほしいと言われ内定をいただいた際に、伸びたことを感じました。また外国の方とコミュニケーションをとった際に、どこで英語や発音を習得したのか尋ねられることが多々あり、中でも発音はとても褒められます。

 

座学期間中に、アルバイトはしましたか?学校との両立は大変でしたか?

Localのレストラン兼カフェで、オーダーとりや、キャッシャーなど接客をメインに仕事をしていました。同僚は、カナダ人はもちろん他国籍で、日本人は数えるぐらいしかいなかったです。そのため、英語を勉強中の私には最適な環境でした。同僚は皆とても優しく、英語を教えてくれ、私の英語を話す怖さを払拭してくれた素敵な職場でした。しかし、授業との両立は正直とても大変でした。プレゼンテーションやテストの前は、徹夜で準備する日もあったのですが、それ以上に現地の方とコミュニケーションをとり、活きた英語を話せるチャンスだったのでどちらかを妥協する選択肢はなかったです。

留学経験は、就活にどう活かせましたか?

Vanwestの授業を通して、面接の練習やプレゼンテーション、異文化への理解を学んだおかげで、自信を持って英語面接に挑むことができました。私は外資系企業をメインに就職活動をしていたのですが、日本人にとって苦手である、自身の意見を伝えることが求められます。その際、緊張をあまりすることなく、しっかり意見を伝えることができ、またコミュニケーション以外のボディーランゲージといった非言語コミュニケーションの部分も的確に行うことで、盛り上がった、楽しい面接となりました。

 

英語を使ったお仕事に就きたいと思っている生徒さんへ、アドバイスをお願いします!

留学中の時間を大切にし、目標を達成するためにすべきことを、逆算して取り組んでいくことをお勧めします。そして留学中で取り組んできたことを話せるようにしていてください。どんなに日本で英語を話したいと思っても、当たり前かもしれませんが、その機会はカナダにいるときよりも断然少なくなります。そのため、どんどん色んな人と話し、ミスを恐れず、たくさん失敗をして下さい。必ずそれが自分の糧になります。与えられているチャンスを活かし、実りある留学生活になることを祈っております。

 

この記事はいかがでしたか?

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments